このページではJavaScriptを使用しています。
事故の影響で運転見合わせが続いていたJR紀勢本線の三重県大台町の三瀬谷駅と大紀町の大内山駅の間の上下線は午後2時37分、運転を再開しました。
列車には約100人が乗っていましたがけが人はいませんでした。
警察によりますと、列車の運転手は、踏切の手前で軽乗用車を確認してブレーキをかけたものの、間に合わなかったと話しているということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。
24日午前、三重県大台町のJR紀勢本線の踏切で、線路上に停車していた軽乗用車に特急列車が衝突しました。
24日午前10時前、三重県大台町管合のJR紀勢本線の踏切で、線路上に停車していた軽乗用車に和歌山県の紀伊勝浦行きの特急列車「ワイドビュー南紀」が衝突しました。