源氏と平氏を操った後白河法皇、熊野詣と源平合戦の意外な関係 (BizCOLLEGE) – Yahoo!ニュース

…後白河法皇は京都に熊野三大社を勧請した「京都三熊野」までつくって、熊野詣に傾倒しているのです。 あくどい政治家と極楽浄土を求める熊野詣。ちょっとイメー…元記事はこちら>>http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160411-39036440-collegez-life...
Read More

舞台「FAIRY TAIL」ナツ役の宮崎秋人「紋章があると気が引き締まる」 (コミックナタリー) – Yahoo!ニュース

真島ヒロ原作による舞台「ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』」の取材会が、本日4月11日に行われ、ナツ・ドラグニル役の宮崎秋人、グレイ・フルバスター役の白又敦、ジェラール・フェルナンデス役の荒木宏文が出席した。 【この記事の関連画像をもっと見る】 稽古に入ってから2週間が経ち、宮崎は「今はまだ探っていたり、どうやってやろうか模索しているところ」とコメント。これからセットを組んだ状態の広い稽古場に移ることを説明し、「もっともっと新しい世界が作れるんじゃないかと思います」と期待を語った。また演出を担当する児玉明子について、「アイデアが本当にすごい」とひと言。「どこからそのアイデアを持ってくるんだろうと思うところがいっぱいあるので、観ているお客さんもすごく楽しめるんじゃないかなと思います。僕自身、外から(お客さんとして)観たいなって」と笑顔を見せた。 今作で露出の多い衣装を着る宮崎と、脱ぎ癖があるグレイ役を演じる白又は「暇さえあれば(稽古場の)隅っこで身体を鍛えている」と告白。宮崎は白又について「(白又は)勉強家で。プロテインのこととかも教わりながら鍛えています。先生です」と明かす。また「ほかの露出のないキャストも(筋トレに)付き合ってくれて、みんなでやっています」と裏話を披露した。また宮崎は「やっぱり体に紋章があるっていうのは気が引き締まりますね」と心境を語る。「ちゃんと誇らしく(紋章を)付けられるように、肉体もそうだし精神的にも、もっともっとナツになっていきたいと改めて思いました」と決意を露わにした。 荒木は「今日で衣装を着るのは3回目なんですが、着るたびに衣装さんやメイクさんが修正を施してくれていて。舞台上で動いても、どこから観られてもキャラクターの色が壊れないように、細部までこだわって作ってくれているので、今日見せている状態よりも、本番になるとさらにいいものになっていると思います」とコメント。続けて「彼ら(宮崎と白又)の肉体も、今はまだしっかりと肉をつけている段階。筋肉を大きくしてから減量しないといけないので、今は若干肉付きがいい状態なんです。これから減量に入るので、本番はしっかりと作り上げていると思います」と宮崎と白又に代わって説明する。「本番は衣装という名の筋肉も揃っていると思うので」と付け加えると、「うまいこと言うなあ(笑)」と白又と宮崎の笑いを誘っていた。 また今作では最新の映像技術を使い、魔法や戦いのシーンを表現。取材会ではその中の1つである、「ビジュアルポイ」を用いた演出が宮崎によって披露されるひと幕も。空中に描かれる軌跡で炎が表現される演出に、取材陣からは驚きの声が上がった。気になる人はぜひ劇場にて確認してほしい。 「FAIRY TAIL」は魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士のナツやルーシィの冒険を描くバトルファンタジー。舞台は4月30日より池袋・サンシャイン劇場にて上演される。主人公のナツ・ドラグニル役は俳優集団D-BOYSの宮崎秋人、脚本と演出は舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」や舞台「美内すずえ×ガラスの仮面劇場『女海賊ビアンカ』」を手がけた児玉明子が担当する。 ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」 日程:2016年4月30日(土)~5月9日(月) 会場:池袋・サンシャイン劇場 原作:真島ヒロ「FAIRY TAIL」(講談社「週刊少年マガジン」連載) 脚本・演出:児玉明子 キャスト ナツ・ドラグニル:宮崎秋人(俳優集団D-BOYS) ルーシィ・ハートフィリア:愛加あゆ グレイ・フルバスター:白又敦(俳優集団D-BOYS) エルザ・スカーレット:佃井皆美 ウェンディ・マーベル:桃瀬美咲 ブレイン/ゼロ:郷本直也 ミッドナイト:古谷大和 コブラ:山本一慶 エンジェル:伊波杏樹 レーサー:伊藤千秋 ホットアイ:クリス・マッコームス 一夜:富岡晃一郎 ヒビキ・レイティス:小野健斗 ジュラ:熊野利哉 リオン・バスティア:小澤廉 ジェラール・フェルナンデス:荒木宏文(俳優集団D-BOYS) 声の出演 ハッピー:釘宮理恵 シャルル:堀江由衣 (c)真島ヒロ/講談社 (c)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会 2016 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000048-nataliec-ent...
Read More

最新! 「売れ筋ビジネス書」200冊ランキング (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

…せ戦略 猪俣 淳 住宅新報社・37 外資系投資銀行の資料作成ルール66 熊野 整 プレジデント社・38 自分を変える習慣力 三浦 将 インプレス・39…元記事はこちら>>http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160411-00113225-toyo-soci...
Read More

ヤマモモで新商品 上富田の有志が開発部会発足へ (紀伊民報) – Yahoo!ニュース

 和歌山県上富田町の町木ヤマモモでまちづくりを考えている「口熊野かみとんだ山桃会」(深見優会長)は11日、同町朝来の町産業振興・文化交流館で会議を開き、本年度の活動について話し合った。近く商品開発部会を発足させ、ヤマモモの実を使った菓子などを町の新たな名物にする目標を掲げた。  山桃会は昨年7月に町商工会青年部員や主婦ら有志で発足した。会員は23人。ヤマモモをきっかけに町を盛り上げ、子どもたちに誇りを持って残せるまちづくりをしようと、町の「観光コンシェルジュ」を務める石丸美穂子さん(45)が呼び掛けた。  11日の会議は本年度の1回目。地域おこし協力隊として町役場に着任したばかりの野崎吉宏さん(26)、和田大地さん(23)の2人も加わった。  本年度の活動として、紀勢自動車道上り線の「道の駅くちくまの」で24日にある「かみとん市」に出店し、ヤマモモのジュースや町の特産品ヒョウタンにちなんだ手作りの小物などを販売する。5月下旬からは町内でヤマモモの実を収穫することを確認した。商品開発部会では、会員の梅加工販売会社や菓子店と協力して「ヤマモモ団子」やヤマモモをトッピングしたケーキなどを開発したいという。  山桃会は昨年11月にあった1回目の「かみとん市」などの催しで、ヤマモモに関連した菓子や小物の試作品を販売した。2月にはヤマモモ栽培が盛んな徳島県小松島市を視察。3月には、上富田スポーツセンターを中心にヤマモモの苗木計26本を植樹した。  石丸さんは「果実の摘み取りや加工体験など楽しめる仕掛けで会員を増やし、広く活動をPRしていきたい」と話している。 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00312834-agara-l30...
Read More

女子中高生のSNSアイドル 大阪駅で泡まみれ (Lmaga.jp) – Yahoo!ニュース

和歌山・白浜で開催される野外フェス『泡ビーチ in 南紀白浜』(5月3~5日)のPRイベントが31日、「大阪ステーションシティ」(大阪市北区)のアトリウム広場で行われ、オフィシャルサポーターを務める、女子中高生に人気の2人組・まこみなが登場した。 泡まみれになる、まこみなや白浜町長 福島県在住のまこみなは、中高生に人気の動画共有アプリ・ミックスチャンネルに、息ぴったりに振りを合わせる「双子ダンス」を投稿し、TVで取り上げられ全国的にブレイク。現在、ミックスチャンネルのフォロワーは約25万人、ツイッターのフォロワーは約15万人超えと人気上昇中の2人とあって、大阪駅には春休み中の中高生が多く集まった。 高校生最後という記念すべき日に来阪した2人は話題の「双子ダンス」を披露。最後、泡まみれになる『泡ビーチ』のように、まこみなやJR西日本イメージキャラクターのイコちゃん、白浜町長の井潤誠らに向かって大量の泡が噴射され、まこみなの2人はファンと泡をかけ合うなどしてはしゃいだ。ちなみに『泡ビーチ』は、踊りながら泡まみれになるスペイン・イビサ島が発祥のイベントを、白浜のビーチで再現するというもの。 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00009407-lmaga-ent...
Read More

6月12日に遠泳大会 田辺市の扇ケ浜 (紀伊民報) – Yahoo!ニュース

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で6月12日午前9時から、遠泳大会「第3回南紀田辺・扇ケ浜オープンウォータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれる。参加者を4月28日まで募集している。  大会は個人の部で4500メートル(定員150人)と1500メートル(定員100人)。リレーの部は、1チーム4人(定員25チーム、男女混合も可能)で500メートルずつ泳ぐ。  参加対象者は16歳以上(18歳以下は日本水泳連盟の競技者登録をした人)の健康な男女。参加料は個人の部4500メートルが8千円で、1500メートルが6千円。リレーの部は1チームで1万2千円。昨年の大会には287人が参加した。  大会前日の11日にはオリンピックメダリストの山本貴司さんによる水泳教室、講演会と交流会がある。いずれも無料。  水泳教室は午後2時から扇ケ浜海水浴場で開き、子どもの部(小学生~高校生、定員30人)、一般の部(高校生を除く18歳以上、定員50人)がある。講演会と交流会(定員各60人)は午後5時半から、田辺市新屋敷町の田辺商工会議所で開く。山本さんは大会で1500メートル競技に参加する予定。  申し込みは、郵便振替かネット登録でする。申込書は、田辺商工会議所や大会ホームページで手に入る。  問い合わせは、田辺商工会議所内の事務局(0739・22・5064)へ。 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00312328-agara-l30...
Read More

冬季休業終え営業再開 ごまさんスカイタワー (紀伊民報) – Yahoo!ニュース

 冬季休業していた和歌山県田辺市龍神村龍神の道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」が1日、4カ月ぶりに開店した。今年も11月末まで営業する。同施設は「昨年高野山開創1200年に当たり増えた利用客をつなぎ留めて、高野山から南紀に来る玄関口として、温かいもてなしをしてリピーターを増やしていきたい」と話している。  昨年の利用客は高野山効果で前年より約1万3千人多い約7万1千人だった。今年は大型イベントがないため、昨年できた人の流れをどうつなぎ留めるか頭を悩ませている。  売店では大河ドラマの真田丸に関連した土産を並べたり、地元産のシイタケや梅、ユズで作った商品、木工品などの販売に力を入れたりしている。レストランでは地元の食材を使い、日高川源流の天然水を利用したコーヒーを提供するなど龍神をしっかり宣伝していきたいという。  展望台では、天候の良い日に明石海峡大橋が見える場合もあることから眺望の良さをPRし、利用の多いライダー向けの軽食も考えている。また、レストランでは近年増えている外国人旅行客向けに英語のメニューも用意している。  店長の原直さん(28)は「販売だけではなく高野山、熊野、白浜、田辺などの観光情報の発信にも努めていきたい」と話している。  同施設は龍神村の地域おこし団体「龍神はーと」が指定管理者として運営している。県内最高峰の龍神岳(1382メートル)山頂近くに位置し、田辺市龍神村と高野山を結ぶ高野龍神スカイライン沿いにある。1階に売店、2階にレストラン、隣接して33メートルの展望台(有料)がある。 ◇  2日から龍神自動車(田辺市あけぼの)が、護摩壇山―田辺市中辺路町栗栖川間のバス路線を新設して運行を始める。高野山方面には南海りんかんバスが高野山駅前―護摩壇山を運行し、高野と熊野地域を結ぶバスの乗り継ぎがスムーズにできるように調整している。 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00312334-agara-l30...
Read More

紀南のジオパーク知って 推進協が魅力紹介アプリ配信 (紀伊民報) – Yahoo!ニュース

 和歌山県紀南地方の地質遺産「ジオパーク」を国内外の観光客にもっと知ってもらおうと、県や紀南9市町村でつくる南紀熊野ジオパーク推進協議会は1日から、スマートフォンなどで入手できる「コンテンツアプリケーションソフト」の配信を始めた。  ジオパークの説明や主な地質遺産の見どころ「ジオサイト」の紹介などをするソフト。ジオパークの説明は自然や文化・歴史、食、温泉など。ジオサイトは円月島(白浜町)や橋杭岩(串本町)、那智の滝(那智勝浦町)など25カ所を取り上げている。日本語と英語で紹介しており、動画もある。  利用の仕方は、はじめにアプリ「BLIPPAR(ブリッパー)」をダウンロード(無料)。そのBLIPPARを起動し、画面をタップして南紀熊野ジオパークのマークにかざすと映像やナビゲーションのコンテンツを楽しむことができる。マークは印刷物についている。  コンテンツアプリをPRするためのリーフレットも作った。県西牟婁振興局や東牟婁振興局、関係市町村、観光協会、道の駅などに置いている。南紀熊野ジオパーク推進協議会のホームページ(HP)からも見える。  推進協議会事務局の県自然環境室は「動画が入ったことでよりダイナミックな画面を楽しんでもらえると思う。これを見て、多くの人に訪れてもらえればと思う」と期待している。 ■小学生用教材を作製  協議会は、小学生用の教材「南紀熊野ジオパークの地質と地形」を作製した。紀南9市町村の小学6年生約860人に配布する。  ジオパーク教育の普及や支援をするのが目的。理科の副読本だが、郷土教育としても活用することができる。  カラー刷り、A4判32ページ。南紀熊野の大地をつくる地層や岩石▽堆積岩と火成岩の種類▽ジオサイトにいこう―など6項目に分けて説明している。  ジオパークを分かりやすく説明した教材で、協議会HPからダウンロードすることもできる。  自然環境室は「この教材を活用して子どもたちに地元のことをもっと知ってもらいたい」と話している。  いずれも問い合わせは自然環境室(073・441・2780)へ。 元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00312387-agara-l30...
Read More