… 「古事記」にもその名が登場する由緒ある神社であり、近世には「伊勢にゃ七度、熊野へ三度、お多賀さまへは月まいり」、「お伊勢参らば お多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」などと俗謡にも唄われ、地元では「お多賀さん」と呼ばれて愛されている。 …
元の記事はこちら