… 巻四 496 み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも 訳)み熊野の浦の浜木綿のように幾重にも心に恋しつつ、じかに逢うことのかなわぬことよ。 浜木綿は「はまおもと」の別名で、葉が幾重にも茎を包むところから …
元の記事はこちら