中途半端で投稿します。ご容赦。 神武東征で熊野から北上で険しい山の中で、大伴氏の祖先の日臣命は、大来目を率いて八咫烏の導きで菟田の下県に着きます。 神武天皇はその功績を誉めて、日臣命を道臣命に改名させます。 …
元の記事はこちら